毎日使う食用油は健康に欠かせない

食用オイルの油は

活動するためのエネルギーの元となるだけでなく、細胞膜や胆汁、ホルモンを作る材料になります。

 

油を食べないと

血液中に必要なコレステロールが不足して血管のしなやかさが失われてしまうのです。

 

安全で健康に役立つもの

食用オイルをバランスを保ちながら摂取するなら、安全で健康に役立つものなのです。

 

 

 

毎日、料理をする時に使うもの、それは食用油です。食用オイルの油は、活動するためのエネルギーの元となるだけでなく、細胞膜や胆汁、ホルモンを作る材料になります。また、油は皮膚に潤いを与えるなどたくさんの働きをしています。

 

油のカロリーは100g当たり921〜941?なので高めに感じますが、油を食べないと血液中に必要なコレステロールが不足して血管のしなやかさが失われてしまうのです。

 

そうなると、血管がもろくなって切れやすくなってしまい、脳卒中になったりする可能性があります。また、ビタミンEなどの水には溶けないが油には溶ける必要な栄養素がたくさんあります。

 

胡麻油に含まれるセサミンは、血液中の活性酸素を抑制してくれます。ですから、がんの増殖や老化防止を防ぐ役割があるのです。また、血液中のコレステロールを取り除くステロールといった成分も含まれています。

 

油の摂取と死亡率との関係から見たある研究結果では、1週間に4回以上油料理を食べる人と、そうでない人とを比べて男性で約3%、女性で約10%油料理を多く食べている人の方が長生きしているという結果が出ているのです。

 

ですから、食用オイルをバランスを保ちながら摂取するなら、安全で健康に役立つものなのです。

 

油の中には、色々な種類があります。質の良いオリーブオイルは、細胞膜を形成して肌の潤いを保つ効果があります。また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は便秘を改善する効果があるのです。

 

そして、オリーブオイルに含まれるポリフェノールは抗酸化作用になりますし、血液をさらさらにする効果、脂肪燃焼を促進する効果が期待できます。

 

他にもココナッツオイルがありますが、ラウリン酸を含むココナッツオイルは、ホルモンの生成に大切な働きをしてくれます。そして、ココナッツオイルは消化がしやすいので、エネルギーとして効率よく変換されて代謝を促進する効果があるのです。

 

また、ココナッツオイルは飽和脂肪酸からなっているので、熱にも強いですから、炒め物やお菓子作りにも使用でき、子育て中のお母さんにもぴったりです。

 

油が人体に及ぼす影響と効果

脂質は、炭水化物やたんぱく質と並んで「三大栄養素」

脂質は体のエネルギーの源になり、血液やホルモン、細胞膜の原料になり、頭皮や肌の健康に関係してくるのです。

 

脂質を取りすぎている傾向

食事の欧米化に伴って、脂質を取りすぎている傾向が日本で見られます。

 

体に悪い油ばかりを摂取していくと

動脈硬化やアレルギーの発症、がんのリスクが高まったりします。

 

油とは、一般的に常温で液体の物を言います。そして、脂とは、固体のものを言います。その両方を合わせて油脂と言われていますが、油脂を含む油性の物質を栄養学などでは、脂質と言うのです。

 

脂質は、炭水化物やたんぱく質と並んで「三大栄養素」と呼ばれ、人間が生きていく上で必要なものです。脂質は体のエネルギーの源になり、血液やホルモン、細胞膜の原料になり、頭皮や肌の健康に関係してくるのです。そして、脳は約60%が脂質で構成されているので、脳の機能にも大切なものです。

 

しかし近年、食事の欧米化に伴って、脂質を取りすぎている傾向が日本で見られます。脂質は、糖質などの即効性のある成分と比較すると、体内にある程度蓄積することができます。その際、取りすぎた脂質が脂肪として体に蓄えられてゆくのです。

 

その蓄えられたものが肥満の要因と考えられています。このように油を含む脂質は、人間が生きていくために不可欠な栄養素ですが、摂取のし過ぎは危険が伴います。それは揚げ物や天ぷら、マヨネーズやドレッシングなどにも含まれています。

 

油に含まれる成分の1つに、αリノレン酸という脂肪酸がありますが、これは老化を予防する効果があると言われています。αリノレン酸を正しく摂取することで細胞膜が構成されて細胞の老化を防ぐ効果があるのです。そして、血栓が作られるのを防いでくれるだけでなく、血圧を下げるなどの色々な働きをしてくれます。

 

そして、血流改善やうつ症状の軽減、アレルギーの抑制、皮膚のしわ・たるみの予防、頭髪の生成や成長、免疫機能の促進や改善の効果があります。植物油ですと、菜種油やえごま油、しそ油、亜麻仁油に多く含まれています。そして、油には安全で体に良い油と、体に悪い油があります。

 

体に悪い油ばかりを摂取していくと、動脈硬化やアレルギーの発症、がんのリスクが高まったりします。また、中性脂肪やコレステロール値の減少の効能を持つとされるリノール酸は、ヒトの体では生み出すことのできない脂肪酸になりますが、過剰に摂取すると健康に悪い影響を与えることが分かっています。

 

善玉コレステロールの減少や、大腸がんのリスクの増加、アレルギー・アトピー性皮膚炎の原因という影響です。ですから、食用オイルの摂取の仕方を見直すことは大切なのです。

 

子育てに欠かせない安全な油とは?

子育て中のお母さんであるならば、特に安全な食用オイルを使用することに敏感になるかもしれません。

 

というのも、汚れた油は血液をドロドロに汚して、アレルギーや、がんを引き起こすとされているからです。

 

さらに、ラットの実験では、油の影響は遺伝子まで変えて子どもにも受け継がれていくことが証明されているので、人間も自分が食べる油が自分の体を作っていき、子どもにまで影響を与えていくと考えられるからです。では、子育てに欠かせない安全な油とはどんな油でしょうか?

 

油は大きく分けると、オメガ3・オメガ6・オメガ9に分けられます。食べて身になる油は、オメガ3とオメガ6に含まれているのです。オメガ3は、青魚の脂、緑色の葉にもたくさん含まれています。

 

ですから、サーモンやマグロ、イワシ、サバ、ブリ、サンマの魚や、大豆製品、亜麻仁油やクルミ、ほうれん草、ケール、からし菜といった食材から摂取することができます。このような、生の食材を食べるだけで、たくさんの栄養素と油を取り入れることができるのです。

 

また、オメガ9はオリーブオイルや、アーモンド、アボガド、ごま油、アサイー、ピスタチオ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカデミアナッツなどに含まれています。

 

オメガ9は必須ではないため、積極的に摂取する必要はありませんが、加熱に強いです。しかし、揚げ物や炒め物といった温度が高すぎる調理方法になると、酸化しやすいため注意が必要です。安全な食用オイルを選ぶコツは、まず商品の成分表示の欄を見ることです。

 

本物の油と言うのは、元になる食材の名前だけが書かれています。1点だけの食材が書いてあるものを選ぶと良いでしょう。また、遺伝子組み換え不使用の表記があるか、オーガニックとか、有機という文字があるかどうかを見ます。

 

そして、質の良い油は光の影響で酸化する為、色付きの瓶やアルミ缶という容器に入っています。良い油は、酸化を防ぐために低温でじっくりと温めて丁寧に一つずつ搾られていますので、「低温圧搾一番絞り」という表記があります。そういった油であれば、子育て中のお母さんでも安心して使用することができます。

 

健康を意識した食用油の選び方

健康を意識して選ぶなら、近年スーパーマーケットでも見かける「亜麻仁油」、「エゴマ油」を選ぶのも良いでしょう。

 

はじめに、亜麻仁油とは、北海道などで作られている亜麻という植物の種子から搾り取られた油のことです。氷点下になるような寒い場所でも亜麻の種子は凍りません。

 

亜麻仁油は脂肪酸総量100g当たり59.5gのα-リノレン酸が含まれています。脂質はグリセロールと脂肪酸が結合したものです。脂質の主成分の脂肪酸には、人間の体では合成することができない3つの必須脂肪酸があり、それはα-リノレン酸、アラキドン酸、リノール酸のことです。

 

とりわけそのうちα-リノレン酸は、取り入れるとその一部が体の中でEPAやDHAに変わるため、健康効果が期待されています。EPAやDHAは血液中の中性脂肪を減らし血液をサラサラにします。アレルギーを抑える働きをし、心疾患や動脈硬化、脳卒中などの予防にも効果があるのです。

 

次に、エゴマ油についても考えてみましょう。エゴマはシソ科の植物で日本人に昔から親しまれてきた植物です。エゴマ油のα-リノレン酸についてはどうなのでしょうか。

 

やはりエゴマ油はα-リノレン酸を豊富に含んでおり、脂肪酸総量100g当たり61.3gと、亜麻仁油を上回っています。このように、α-リノレン酸を豊富に含む食用油をセレクトするのが、健康を意識した食用油の選び方のポイントとなります。

 

α-リノレン酸について、消極的な面についても検討してみると、酸化しやすいという点、高カロリーであるという点を挙げることができます。

 

そのため、新鮮なうちに油を用いることが重要となります。そして、α-リノレン酸は加熱処理しないように気をつけましょう。70度以上に加熱をすると体に有害というような話もあるからです。

 

亜麻仁油やエゴマ油は高カロリーですので、一回で大量摂取するようなことは避け、適度な摂取を心がけるようにしましょう。

 

子育て中のお母さんであるならば、特に安全な食用オイルを使用することに敏感になるかもしれません。

要点を紹介するキャラクター

 

食育にも役立つ資格ランキング

食育にも役立つ資格ランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

食用オイルソムリエの特徴

第一位は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「食用オイルソムリエ」です。

食用オイルソムリエとは、色々な食用オイルに関する知識を有することを証明する資格になります。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
食用オイルソムリエの内容
  • それぞれの油ごとの特性や健康に対する有効な効果
  • 美容効果、ダイエット効果など色々な活用方法
  • 求められる効能や効果にあったオイルを選んで使用することのできる技能
公式サイトへ

 

画像名を入力

食用油アドバイザーの特徴

第二位は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「食用油アドバイザー」です。

この資格を取得した後は、食用油アドバイザーの資格を用いて各種カルチャースクールで料理教室を開くなどの講師活動が可能です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
食用油アドバイザーの内容
  • 食用オイルの基本的な知識
  • 色々なオイルの種類や、効能や分類
  • 美肌に良いオイルや身体に良いオイル
公式サイトへ
第一位:食用オイルソムリエ

第一位は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「食用オイルソムリエ」です。
食用オイルソムリエとは、色々な食用オイルに関する知識を有することを証明する資格になり、オメガ3・オメガ6・オメガ9脂肪酸などのオイルの分類や、リノール酸、オレイン酸、αリノレン酸、ドコサヘキサエン酸などの成分に関しての知識も有していることを証明する資格なのです。

 

また、オリーブオイルやココナッツオイル、ホホバオイル、ひまし油、ごま油、えごま油、アーモンドオイル、クルミ油など、それぞれの油ごとの特性や健康に対する有効な効果、美容効果、ダイエット効果など色々な活用方法を熟知して、求められる効能や効果にあったオイルを選んで使用することのできる技能や、知識を有している人に贈られるものです。食用オイルソムリエになるメリットについては、後ほど考えていきます。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、この資格を取得するための通信講座を実施しています。

 

第二位:食用油アドバイザー

第二位は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「食用油アドバイザー」です。
この資格を取得した後は、食用油アドバイザーの資格を用いて各種カルチャースクールで料理教室を開くなどの講師活動が可能です。

 

通信教育・通信講座SARAスクールジャパンの食用オイル基本コースとプラチナコースは、食用オイルの基本的な知識から色々なオイルの種類や、効能や分類、美肌に良いオイルや身体に良いオイルなど、食用オイルについて一通り学習することができる講座です。

 

この講座は、食用オイルの学習を通じて2種類の資格取得が目指せます。日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「食用オイルソムリエ」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「食用油アドバイザー」の2資格の取得が可能になります。

 

SARAの講座は専属の学習サポーターが受講生それぞれを担当するため、一人で始めることに不安な人でも安心です。

 

一番おすすめなのは「食用オイルソムリエ資格」

食用オイルについて理解を深める
食用オイルソムリエになるメリット
安全な食用オイルに興味がある人にオススメ

食用オイルには幾つかの種類があり、身体に良い油と悪い油があります。食用オイルに対する認識は近年変わり始めており、食用オイルについて理解を深めていることは、家族にとっても大切なのです。

 

ですから、「食用オイルソムリエ」の資格がオススメです。

 

「食用オイルソムリエ」というのは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が試験と認定を行っている資格です。日本安全食料料理協会は、食品に対する知識や料理技術など一定の水準を備えて、その水準を超えていると資格の認定を行います。

 

この水準を設けて、水準以上で認定される資格を示すことによって有資格者の地位の確立も目標としています。

 

「食用オイルソムリエ」の受験資格は、特にありません。受験の申し込みは、インターネットからの申し込みになります。申し込みの後は、試験問題、解答用紙、受験票が送られてきます。受け取りの時に、代引きで受験料の消費税込みで1万円を支払います。そして、この試験は在宅で行うことができます。

 

ですから、試験会場に出かける必要もありませんので、緊張せずに試験に取り組むことができます。合格の基準は、70%以上の評価が基準になります。試験期間は、偶数月ごとに行われており、2ヶ月に一度の割合で行われています。

 

解答用紙は、試験期間中に返送します。試験の合否は、約1ヶ月で分かります。「食用オイルソムリエ」の資格を勉強する人は、料理関係の仕事の人や、家族のためにと子育て中などの主婦の人も多いようです。

 

食用オイルソムリエになるメリットとしては、どの油が身体に良いのか悪いのかを理解していれば健康的に食用オイルを摂取することができますし、健康や美容にも役立つ資格となります。「食用オイルソムリエ」の資格を取得した後、自宅やカルチャースクール等で講師活動ができるのもメリットの一つです。講師としても活動ができると人生の幅も広がります。

 

安全な食用オイルに興味がある人は、「食用オイルソムリエ」の資格をこの機会に取得してみるのはいかがでしょうか?

 

食用オイル資格はこちら

 

まとめ

食用油は調理で毎日のように使います。食用オイルの油は、活動するためのエネルギーの元となるだけでなく、細胞膜や胆汁、ホルモンを作る材料にもなります。

 

油に含まれる成分の1つに、αリノレン酸という脂肪酸がありますが、これは老化を予防する効果があると言われています。αリノレン酸を正しく摂取することで細胞膜が構成されて細胞の老化を防ぐ効果があるのです。

 

安全な食用オイルを選ぶコツのようなものがあるでしょうか。まず商品の成分表示の欄を見ることです。本物の油は、元になる食材の名前だけが書かれています。1点だけの食材が書いてあるものを選ぶと良いでしょう。

 

また、遺伝子組み換え不使用の表記があるか、オーガニックとか、有機という文字があるかどうかを見ます。そして、質の良い油は光の影響で酸化するため、色付きの瓶やアルミ缶という容器に入っています。良い油は、酸化を防ぐために低温でじっくりと温めて丁寧に一つずつ搾られていますので、「低温圧搾一番絞り」という表記があります。

 

そういった油であれば、子育て中のお母さんでも安心して使用することができます。健康を意識して選ぶなら、近年スーパーマーケットでも見かける「亜麻仁油」、「エゴマ油」を選ぶのも良いでしょう。

 

食育にも役立つ資格として、食用オイルソムリエ、食用油アドバイザーの資格を挙げることができます。

 

とりわけ、食用オイルソムリエになることにはメリットがあります。どの油が身体に良いのか悪いのかを理解していれば健康的に食用オイルを摂取することができますし、健康や美容にも役立つ資格となります。

 

「食用オイルソムリエ」の資格を取得した後、自宅やカルチャースクール等で講師活動ができるのもメリットの一つと言えるでしょう。

 

この機会に、食用オイルソムリエ資格について検討してみるのはいかがでしょうか。充実した通信講座もありますので、通信講座活用して、スムーズに勉強を進めることもできるでしょう。

更新履歴