安全な食用オイルは原材料がはっきりしている!

安全な食用オイルは、原材料がはっきりしています。たとえば、なたね油はなたねでできていますし、オリーブオイルはオリーブでできています。また、ゴマ油はごまからできていますし、ココナッツオイルはココナッツを原料としています。このように原材料がはっきり分かっているオイルは、安心して食用として使用することができます。

 

これらとは逆に”サラダ油”とし売られている商品もあります。これは一体何を原料としているのでしょうか?もちろんサラダを原料とはしていません。表示を確認してみると、大豆、トウモロコシなどから抽出したものをブレンドしています。それに加え酸化防止剤などの添加物も含まれています。

 

安全な食用オイルは「圧搾法」で製造している!

オイルを絞り出す方法には、昔から伝授されている「圧搾法」と、薬剤を使用して溶かしだす「抽出法」の2種類があります。安全な食用オイルは圧搾法を採り入れています。抽出法で使用する薬剤はノルマンヘキサンという科学薬品で、その精製にも科学薬品が使用されています。薬品自体が発がん性物質があるものです。

 

また濁りをとり、クリアなオイルにするため過熱を繰り返している間に”トランス脂肪酸”ができていしまうという難点もあります。なので圧搾法を採り入れている安全なオイルを選択するようにしましょう。

 

オイルの容器が「瓶」か「缶」のものが安全!

安全な食用オイルは、酸化を防止する効果が高い「遮光瓶」か「缶」を使用しています。そもそもオイルは熱以外に、光や酵素でも酸化する性質をもっています。酸化したオイルは、癌や動脈硬化のリスクを高める可能性があるので、健康のためにオイルの酸化は防ぎたいものです。

 

ペットボトルや透明のガラス瓶などの容器に入っているオイルは、空気や光の影響を受けやすいため、酸化を早める危険性があります。なので安全な食用オイルを選ぶ際には、遮光瓶か缶の容器に入っているオイルを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

安全な食用オイルは、原材料がはっきりしており、昔から採り入れられている圧搾法で、原料をつぶしてオイルを製造しています。

 

それとは対照的に抽出法でオイルを製造しているものは、化学薬品をしようしてオイルを絞っているため発がん性物質が含まれている可能性があります。さらにオイルの容器も重要なポイントです。安全なオイルは、酸化防止を防ぐために遮光瓶や缶を使用しています。

関連ページ

オレイン酸とは
オレイン酸は、オリーブオイルなどに含まれている一価不飽和脂肪酸のひとつです。不飽和脂肪酸は酸化しやすいというデメリットがありますが、オレイン酸は安定している脂肪酸なので過酸化脂質を作りにくいという特徴があります。なのでオレイン酸は不飽和脂肪酸の中でも最も酸化しにくいものと言うことができます。
リノール酸とリレン酸
オメガ6の「リノール酸」は料理のも使用されている油の一種です。良く知られている油として、コーン油、オリーブオイル、グレープシードオイル、紅花油などを挙げることができます。 リノール酸は不飽和脂肪酸の一種で、体内の悪玉コレストロールを抑制する働きや、体内の酸化を防止する役割などをしています。
劣化油の活性酸素と健康問題
油を長期間にわたり保存したり、光や熱、酸素などの影響で油脂が劣化し、品質が悪くなった状態のものを”変敗”といいます。 このように脂が劣化するのは油が酸化してしまったからです。油は劣化、つまり酸化すると、変色や異臭、油に含まれている栄養素が減少するなどの、脂の風味や品質が低下するという症状が現れます。
オリーブオイルの特徴と安全性
オリーブオイルと聞くと、イタリアやスペイン料理を思い出す方も多いことでしょう。オリーブオイルは、オリーブの果肉から絞られているオイルで、地中海沿岸地域の文化と共に長い歴史があると言われています。そんなオリーブオイルは植物油として、他の油よりもさまざまな効能や効果があるため注目されています。
グレープシードオイルの特徴と安全性
グレープシードオイルとは、その名前の通りブドウの種子から作られているオイルのことです。 日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ワインを製造する過程で取り除かれる種子を乾燥して圧搾、精製したものがグレープシードオイルです。口当たりはサラリとしているのでクセがなく、香りもほとんどないオイルです。
アボカドオイルの特徴と安全性
”世界一栄養価の高い果物”としてギネスに認定されているアボカドが、スーパーフルーツであるという事実をご存知でしたか? そんなアボカドの果実からできているアボカドオイルが、健康、美容にとても良く、料理はもちろん、そのまま飲むこともできます。アボカドオイルはオメガ9系脂肪酸のオイルなので、主成分がオレイン酸で脂肪酸の約7割程度を占めてます。
亜麻仁油とえごま油のメリット
「亜麻仁油(あまにゆ)」は、アマという花の種子からとれる油です。人により感じ方は異なりますが、生臭さくて少しクセが強いという特徴があります。一方「エゴマ油」は、ゴマ油と関係があると思われている方もいるかもしれませんが、しそ科の植物からとれる油でゴマ油の一種ではありません。
サンフラワー油のデメリット
サンフラワー油は、通称紅花油とも呼ばれており、紅花の種子からとれるオイルです。紅花はキク科の植物で、黄色や赤色の花を咲かせます。 この種子からとられる紅花油はサラッとしていてクセがないので、炒め物や揚げ物など、市販されている多くの油と同様、幅広く料理に使用することができます。
ココナッツオイルのメリット
”生命の木”と呼ばれているココナッツの木になる実は、水分、ミネラル、タンパク質、脂肪、炭水化物など身体に必要な成分がたっぷり含まれています。そんな実からとったココナッツオイルは、大きく分けて2種類に分類することができます。 一つ目は、乾燥させたココナッツから科学的に抽出したココナッツオイルです。
ごま油の特徴と活用方法
ごま油は、ごまを原料として作られているため非常に多くの栄養素が含まれてるため、健康や美容のために摂取することができます。そんなごま油の一番の特徴は、「リノール酸」と「リノレン酸」が豊富に含まれていることを挙げることができます。これらは不飽和脂肪酸の一種なので、血液中のコレステロールを下げる作用があるので動脈硬化や肥満を予防することができます。
こめ油の特徴と安全性
こめ油は、わたしたちが普段食べている白米から作られているのではなく、”米ぬか”からとられているオイルです。 米ぬかは、玄米から白米に精米するときにできるもので、玄米の表面や成長し芽となる部分が含まれおり、油の成分の20%以上はそこからとられています。
ヘンプオイルの特徴と安全性
ヘンプオイルは、麻の実からとるオイルです。麻の実は大麻からとれる実ですが、幻覚作用があることからその成分が含まれている葉や穂は使用することができません。 しかし、実の部分は高機能や高栄養価があることでオイルとして使用されています。
食用油の作り方と賞味期限
わたしたちの食生活で欠かすことができない食用油はどのように作ることができるのでしょうか?食用油は基本、植物の種子から採取した液状の油脂のことを指します。 この食用油の原料となるものには豊富な種類があります。
食用油の正しい保管方法
食用油が腐るということはありません。しかし、保管の仕方が悪いと油の酸化や劣化がどんどん進んでいきますので正しく保管する必要があります。特に食用油の酸化や劣化が進む原因は@光A空気B湿度の3点が大きく影響します。それに加え、どのような容器に食用油が入っているかも関係してきます。
食用油を上手に料理に使うコツ
食用油と聞くと「サラダ油」を思い浮かべる方が多いことでしょう。サラダ油はその名前の通り、サラダのドレッシングの材料として使うためにサラダ油と呼ばれています。日本オリジナルの油で、原料として菜種、綿実、米、ごま、大豆、トウモロコシ、ぶどう、ひまわり、紅花の9種類と決められています。
脂質が人体に必要な理由
「脂質」と聞くと、体にとって悪いものなのでは・・?と思う方もいることでしょう。もちろん脂質の摂り過ぎは体にとって悪いことですが、わたしたちの体に欠かすことができない重要な栄養素のひとつです。 ではどのような働きをしているのでしょうか?脂質は細胞膜を構成し、ホルモンの材料として働いています。
油汚れをきれいに落とす方法まとめ
キッチン回りの油汚れは頑固でなかなか落ちない・・と悩んでいる方でも、簡単に汚れを落とすことができる方法をご紹介しましょう。1、まずぬるま湯に就けて、固まってしまった油が柔らかくなるまで待つ。 2、洗剤を使って湿布ししばらく放置する。この時、湿布が乾いてしまうと何の効果もないので、ペーパーが乾かないようにチェックしましょう。
飲む油に最適なオイルと推奨摂取量
アマという植物の種から抽出した亜麻仁油は、オメガ3が含まれている良質な食用油です。健康や美容効果を感じるためには、最低でも毎日小さじ1杯(5g程度)摂取し、それを2〜3か月間継続する必要があります。それを朝食時に摂取することにより効果をアップさせることができます。
市販の食用油のリスクとデメリット
市販の食用油を摂り続けているなら、将来重大な病気にかかるリスクを高めます。では市販の食用油とは何のことでしょうか? それはわたしたちがいつも口にしているコンビニのお菓子や、サラダにかけているドレッシング、また料理で使用しているサラダ油などが含まれます。なぜ危険なのでしょうか?
賢い食用油の活用方法
食用油は用途ごとに賢く使い分けるなら、より健康に、そしてより美肌へと近づくことができます。たとえば青魚など限られた食材ににしかな”オメガ3系脂肪酸”という栄養素は、脳梗塞や心筋梗塞の予防、アルツハイマー病や認知症を予防することで知られています。 しかし、青魚を毎日食べるのは難しいことです。そこでオメガ3系脂肪酸が含まれている「えごま油」を毎日小さじ1杯程度摂取するなら、血管を丈夫にするこができたり、血流アップ効果で脳を活性化することもできます。
揚げ物料理を作る時のライフハック
揚げ物をよりいっそう美味しく感じることができるように、揚げ物に合った油を選ぶことができます。たとえばパーム油、菜種油、大豆油などの中性油は、油の香りが付かないので揚げ物には最適です。 しかし、健康を考えて飽和脂肪の値が少ない精製されたピーナッツオイルを揚げ物に使用する方も少なくありません。
ラードの特徴と安全性
ラードは主に豚の背中の部分の脂のことです。家庭ではなかなか使用する機会がないかもしれませんが、業務用として外食メニューで使用されているのでよく食している脂と言えるでしょう。
摂取しても太りにくい油の種類
油を摂りすぎると太る・・と思っている方も少なくないことでしょう。実際、油には太るものがあります。しかし、太りにくい油があることをご存知でしたか? 油は大きく分けると「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類することができます。飽和脂肪酸にはラードや牛脂、バターなど常温で個体になる油のことで太りやすい油のことです。
理想的なオメガ脂肪酸の配合比率
脂質には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類されます。飽和脂肪酸には肉や卵などの動物性脂肪、不飽和脂肪酸にはオリーブオイル、菜種油などの主に植物性由来となっています。 不飽和脂肪酸はさらに細かく「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」と3種類に分類されます。
健康維持に欠かせない食用油
油は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに大きく分類することができます。飽和脂肪酸は動物性の脂であるのに対し、不飽和脂肪酸は植物性由来のものとなっています。不飽和脂肪酸に分類される食用油には、体内で作り出すことができない「オメガ3・α‐リノレン酸」や「オメガ6・リノール酸」の必須脂肪酸が含まれています。
食用油の工夫で免疫力が高まるかも!?
食用油のひとつでもあるココナッツオイルには、生活習慣病を予防したり、免疫機能を強化させる効果があります。それに加え、脳機能を改善したり、抗菌や抗炎症作用などの免疫力効果も期待することができます。なぜココナッツオイルには免疫力をアップさせる効果があるのでしょうか?
食用油を変えてアトピーが軽くなるかも!?
食用油がアトピーなどのアレルギー皮膚炎の原因となっている場合があることをご存知でしたか?食用油はαリノレン酸、リノール酸、オレイン酸という3つの脂肪酸で分類されています。この3種類の中のひとつ「リノール酸」つまりオメガ6を過剰に摂取するならアトピーを発生させ、その症状を促進させます。