食用オイルソムリエとは?

食用オイルソムリエとは、さまざまな食用オイルに関する知識を有していることを証明する資格のことです。それにはオメガ3、オメガ6、オメガ9の脂肪酸などのオイルの分類、リノール酸やオレイン酸、αリノレン酸などの成分についての知識などが含まれます。

 

またオリーブオイルやホホバオイル、ココナッツオイル、アボカドオイルなどのオイルごとの特徴、健康に対する有効な効能や効果、美容効果、ダイエット効果などの活用方法も知識として求められます。さらに求められた効能や効果にあったオイルを選んで使用することができる技能も必要です。資格の取得後は、食用オイルソムリエとして自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍の幅を広げることができます。

 

通信講座で食用オイルソムリエについての知識を取得できる!

通信講座で食用オイルソムリエの資格を取得することができます。通信講座では、食用オイルに必要な基本的な知識、食用オイルの種類、さまざまなオイルの効能や効果と分類など、食用ソムリエというプロに必要な知識をすべて学ぶことができます。

 

初心者の方でも問題なく進めていくことができる受講内容となっているので、安心して学んでいくことができます。また今現在子育てをしているママは、自宅にいる機会が多いこの時期に食用オイルソムリエの資格を取得しておくなら、子育て後、自宅や料理教室などで講師として、またアドバイザーとして活躍することができるでしょう。

 

食用オイルソムリエ認定試験について

食用オイルソムリエ認定試験の受験資格は特に求められていません。受験費用として消費税込みで10,000円必要となります。受験申請方法は、インターネットから自由に申し込みをすることができます。

 

どこかの会場に試験を受けに行くという手間はなく、自宅での在宅受験が可能となっています。試験は2か月に1度、偶数月に実施されています。試験期間中に回答し、提出期限までに返信用の封筒で解答用紙を送るという方法で受験することができます。

 

まとめ

食用オイルソムリエには、食用オイルの基本的な知識とその種類、それぞれのオイルが持つ効能や効果などの知識が求められます。

 

独学で学ぶこともできますが、食用オイルソムリエ資格を目指した通信講座を利用するなら、確実に資格を取得することができるでしょう。資格を取得後は、食用オイルソムリエとして自宅やカルチャースクールなどで講師やアドバイザーとして活躍することができます。

関連ページ

安全な食用オイルの特徴
安全な食用オイルは、原材料がはっきりしています。たとえば、なたね油はなたねでできていますし、オリーブオイルはオリーブでできています。また、ゴマ油はごまからできていますし、ココナッツオイルはココナッツを原料としています。このように原材料がはっきり分かっているオイルは、安心して食用として使用することができます。
子育てにおすすめの食用油
お子さんがぜんそくや花粉症、アトピー皮膚炎などのアレルギー症状で悩まされているという方も少なくないことでしょう。実は、食事から摂取している食用油がアレルギー反応に影響を与えていることをご存知でしたか? 一般にサラダオイルとして市販されている大豆油、コーン油、紅花油、ひまわり油などはアレルギーを促進させる油です。
劣化油の活性酸素と健康問題
油を長期間にわたり保存したり、光や熱、酸素などの影響で油脂が劣化し、品質が悪くなった状態のものを”変敗”といいます。 このように脂が劣化するのは油が酸化してしまったからです。油は劣化、つまり酸化すると、変色や異臭、油に含まれている栄養素が減少するなどの、脂の風味や品質が低下するという症状が現れます。
賢い食用油の活用方法
食用油は用途ごとに賢く使い分けるなら、より健康に、そしてより美肌へと近づくことができます。たとえば青魚など限られた食材ににしかな”オメガ3系脂肪酸”という栄養素は、脳梗塞や心筋梗塞の予防、アルツハイマー病や認知症を予防することで知られています。 しかし、青魚を毎日食べるのは難しいことです。そこでオメガ3系脂肪酸が含まれている「えごま油」を毎日小さじ1杯程度摂取するなら、血管を丈夫にするこができたり、血流アップ効果で脳を活性化することもできます。